12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-07-19 (Sat)

 レジスタンスのアジトへ向かうぞ!そして…

 何故だかロンドンに一瞬で戻ったんです。それはどうでもいいとして、
今度は、レジスタンスのアジトへ向かいマース!

アジト抜ける道は、ロンドン城の中にあるって言うことなんですが…。

いいんですか?そんなところに入口作って?
って思うくらい不自然な所にその入口はありますんです。
これはもー、カリンが顔パスでロンドン城に入れた事より衝撃的です。
そもそもさー、レジスタンスのアジトに行くのにいちいちお城を抜けるのって…どうなの?

まぁいい、こんな事はだいぶ慣れてきたような気がしてきたので、
素直にお城の地下を抜け一路アジトへ~。
途中、トロッコに乗ったり、ライガがゲロしたり、はぐれゴーレム捕まえたり、
それはもう…めんどくせ珍道中でした!
さすがに、回復ポイントがなくてちょっとやばい!ってー事もあったけど無事に
アジトへ到着でーす。よかったよかった。

ちなみに、回復とは言ってもHPとかEPとかを回復するのではなく、
ダメージを受けるたびに減っていくVPを回復するためのものです。
HPなどは戦闘が終了するたびに元に戻ります。
VPがなくなるとHPが回復しなくなるため、戦闘に参加できなくなります。

アジトに着くと、テントみたいなヤツに扉がある建物がたくさんあるんですが…。
その扉の前に、梯子が掛けてあるのがどーしても納得できなくて…。
扉…あけらんねぇじゃん?って思っちゃいけないんだろうナーと思いながら
梯子を上ってスゴーク大回りをしながらアジト内部に侵入します。結構遠い。

取りあえず、アジトのリーダに挨拶を交わします。(カリンはリーダーじゃないんだね)
そのよこに、どー考えてもどー見ても怪しすぎる新参者がいます。
絶対コイツは後でデビルゴーレム復活に携わるに違いないとしか思えません。
その新参者にはたいした偏見は抱かないのに、やたらと主人公に対しては
ヨソモノと言って敵対心をあらわにしたりするレジスタンスたち。
どいつもこいつも…お気楽なンですねー。

そんな気楽なレジスタンスの集会に参加して…ほっとしたのもつかの間…。
カリンさんが主人公のためにお食事を作ってくれる事に…。
そのときの、ライガの態度を見ていると大体予想はつくのですが、
ここも素直に従っておくことにしましょう。
ですが…困った事に…

食堂の位置がわからん!
ええ、無駄に広いんです、このアジト。まったくもーって言うくらい無駄です。
10分間ぐらいさまよった挙句やっと見つけた食堂。二階にあたんだ…。
んで、お楽しみ?のお食事ターイム!発動です。
予想はしてんたんですが…まさか…モザイク入りのシチューとは…。前代未聞です。
果敢に食べる主人公…毒殺されました…。
記憶が薄れていく主人公の横で、きっともうすぐ仲間入りすると思われる女子が
いきなり現れ「アツマをどうしてつれてっちゃうの?」という問題発言をしてたり、
カリンの、戦場のヴァルキリアを思い出させるような「衛生兵、衛生兵~」の
台詞がなぜか異様に笑えました。
そして、きっとここから面白くなるに違いない!とあわーい期待もでてきましたよー。

で、毒殺されたと思われた主人公は無事に三途の川から帰還しました。
これからどーすんの?全然ねむくないんだってよ?アツマ君は…。
どうしていいのかわからないので、△ボタンを押してヒントを見ます。

遺跡の中や外郭を探索してレジスタンスの仲間から話を聞こう。

って、えーーーー、ヤダ。だって無駄に広いし無駄に人がいるんだもん…。
なんか、急にテンション下がる目的で眠くなってきたのでいったん休む事にしました。

ところで、BGMなんですが…信じられないくらい単調なものが多くて眠くなるんですよね?
このゲームの特徴です。
* Category : 生活の糧それはゲエムです。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。