12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-12-11 (Fri)
 この時期になると…騒がしいですよねぇ、流行語とか今年の漢字とか。
今年の流行語は「政権交代」漢字のほうは「新」決定だそうです。

で、今年の漢字のニュースをみて憶えていたのか下の娘がえらっそーに
「今年の漢字決まったんだよ知ってる?」って言うじゃないですかー。
だからして上の娘がまぁ普通に「何?」聞いたわけですよー。
ですから、下の娘喜々として言った訳です。
「えーとね、せいけんこうたいだよ!!」
…オイ、それは流行語大賞のほうだよ。
「アー違った!うーん、はとやま新そーりの新だよ!」
まぁ間違ってはいないけど…ニュースでは鳩山新政権って言ってたよね。
何も難しい言葉使わないで「新型インフルエンザの新だよ!」
って言えば良いじゃん。
どうせ日本語が気の毒な程度しか話せないんだからさー。
下の娘の気の毒加減が最近心配でしょうがありませんね。


世の中年の瀬でなんかこう師走師走してますけんども
フォールアウトの方はそんな事関係ないですね!

今日は、主人公の素敵なお父さんの話しをします。

お父さんは物語のしょっぱな主人公を置いてヴォルトを脱出。
当然主人公は反逆者の娘として冷たい仕打ちを受け、
遅ればせながらヴォルトをでることになるんです…。

オヤジのヤロウ…一発殴ってやらネーと気がすまねぇ!

その気持ちだけで荒れ果てたウェイストランドを旅します。
人助けしたり、不発弾処理したり、レイダーと喧嘩したりして
やっと手がかりをつかんでオヤジの居場所を突き止めたとき…

犬オヤジ。
オヤジ…犬になってやがった。何やってんだよ?
何のために危険なことしてここまで来てこんなことやってんの?
危険とわかっていてフツーに罠にかかっているオヤジ…。
不思議でしょうがない以上に哀れすぎる。
そんな哀れなオヤジを無事に助けたかわいい娘。
その娘に対して実の親であるオヤジのヤツはこう言い放ちます。

今からすぐリベットシティーに向かうぞ!
冗談だろ…。
ホント、冗談だろ…。
リベットシティーまでどんくらいあるか知ってる?

ここから~ ここまで。
こんなだよ?わかりにくいけど。
ピップボーイ搭載の地図二枚分だよ?
とは言え半ば強引に、この後リベットシティーまで
飲まず食わずの耐久マラソンがおっぱじまります。
当然、敵も出てくるのでサバイバルマラソンです。
最初オヤジのヤツはもともと持ってる銃があるらしく
果敢に戦わなくても大丈夫な場所にいる敵に向かっていきます。
「こんなことしたくないのにな…」とか言いながらね!
「じゃあ手出しすんなよ、メンドクセーんだよ」
って言う選択肢は娘にはありませんけどね!

でもね、
最初はいいんです…最初は…。
そのうち手持ちの武器の弾がなくなると…
大さそり。 レイダー。 ロボッコビー○ン。
巨大スコルピオンに素手で立ち向かう!!
レイダーにだって素手で立ち向かう!!
ロボットだろうが素手で立ち向かう!!

挙句の果てには
ミュータント。
ミュータントに無謀に素手で立ち向かう!!
オヤジのチャレンジ精神は宇宙一だよ…。ハハハハ。

ホント、もう、笑うしかないよねー。

んで、散々うたれて気を失います。
…まったく世話がやけるな…。つかなんか武器拾えよ…。
娘がひとりですべての敵をやっつけた後、何食わぬ顔で起き上がり、
躊躇せずに再び走り始めます。

まったく…迷惑なオヤジ…だぜ。

まぁ…こんな親だからこそ、どんな過酷な状況でも文句も言わずに
立ち向かっていく娘に育ったんでしょうね。
そんなこんなで無事にリベットシティーにたどり着いたのは
次の日の昼間。
一晩と半日、走り続けた親子物語でした。

メインストーリだってかなりまさかの展開すぎるゲエム。
それがフォールアウトですねーー。嘘です。
* Category : 自由に生きるんだぜ…
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。