12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-08-13 (Thu)
 流行り神3、終わっちゃったよ…。
なんか、もー、夏のソフト終わっちゃったよ感が漂ってます。

とりあえずネタばれ感想なんか!


いよいよ完結するってンで気合入れて攻略しました。
クリアータイムは25時間です。普通かな?


零話
体験版として出回ってたのをガッツリ遊んだんです。
1や2に比べて、

あんま怖くないなーー。

って言う感じがし始めた零話。
なんだろう…どろどろ感があんまりないって言うかね!
デットドールだっけ?アレは…最終的には何の意味があったんでせう?
本筋とはあんまり関係なく終わってしまったような…。
後、オカルトも科学も首謀者が変わっただけで基本的な内容は
変わってないですよね…。
羽黒薫君初登場の時、名前だけ見たらゆうか編で出てきたあの子だ!
と思ってしまって…。羽黒君が出てきた時、アレ?ってなったのは
情報不足ですかね…。
オカルト科学どちらも、母娘の関係についてでしたが…
身近すぎるのかどうだか、すごくなきましたぜ…。

一話
小暮さんの妹さんが出てくるんです。
んー、なんていうか、怖いというより生理的にいやなネタですね。
うん、虫とか…爆ぜるとか…。
オカルトルートはちょっと強引過ぎないか?とか思いますが、
面白かったです。痛い日記とか…ウケル。
科学ルートは…まぁ、ほんと…生理的にね!
小暮さんの妹さんの今後が心配でなりません。
いずれのルートも、かごめさんがちょっと怪しい行動とるのですが
その理由がたいしたことじゃないって言うのががっかりというか…。
まぁいいけど。

二話
学校七不思議ネタ~~。
カウンセリングの先生…最初はオモシロキャラなのかと思ったら、
単なる変態だったって言う…。そこはちょっと衝撃的。
オカルトも科学も、大差ないストーリー展開で犯人も同じです。
でも、遺品の中の育児用品を見るかごめさんの気持ちを読み取る、
純也君がすごくなんかよかったです。よく見てるな…。
オカルトも科学も大差ない話なんですけどストーリ結末としては
すごく泣けます。大人だからかな?

三話
排水溝に入ったり出たりする話。
個人的に、ちょっと辛いですね…排水溝とか…。
入る?っていう選択肢に戸惑いをおぼえます。
この話に関しては、化学よりもオカルトのほうがよくできてると思います。
犯人を助けられなかった純也君の叫びが…これまた泣かす。

ここまで泣きすぎ。

最終話
こ、これで1からの謎が全部解ける!!
と思ったらちょっと大違いでした。日本語変だけど。
主人公自身がどんどん追い詰められていくっていうサスペンスでしたが
結構面白かったです。
が、
オカルトの意味が…よくわからない…のですが?
なんていうか…今回すべての話に言えると思うんですけど、
オカルト編におけるオカルトの存在意義が…よくわかんないです。
んーー、直接犯人とか事件とかに絡んでないっていうか???
なんていうんだろうなぁ…。
まぁ、おもしろいからいいけど。
ともかく、謎は解けてないけど純也君たちが無事に元の鞘に
収まったのでハッピーエンドですかねーーー。
一時はどうなることかと…思ったから。
個人的意見ですが、
純也君のお父さん始めてみたんですけど…
すごい…似てネェ…ですね!めでたしめでたし。

隠しシナリオ
蘭子さん
編纂室のお母さんの過去ですね。
最終話でひょっこり出てきた情報屋のオッサンがこんなところで
活躍するとは思いも寄らなかったです。
復讐に燃える母妻女としての蘭子さんは痛々しかったです。
けど、ま、編纂室にはかけがえのない人だから元に戻ってよかったです。
健太に語るオッサンオバサンの言葉が身にしみて泣けました。
続編は…健太主人公で…!!とかーー思ったりしませんよ。
少し思ったけど。

霧崎おとーさん
純也君のお義兄さん、水明さんのお父さんの話です。
1の水明編「さとるくん」の謎解明か!と思いきや…
さとる君はまんまと利用されただけという…。オオゥ…。
しかも、道明寺さんに
「使えない子!」とか言われる始末。オオゥ…。
そうして、今回出番が異様に少なかった水明お兄さん…
最後の最後で
誘拐されるし、縛られるし、薬飲まされるし…。
かわいそう…。
でも、弱ってるお兄さんもいいかも…なんて思いませんよ!!!
少し思ったけど。


全体としては、1、2に比べたらライトタッチな感じのストーリかな。
BGMなんかリニューアルされて最初は「え」と思ったけど
なかなかいい曲だと思ったし…。
新キャラの羽黒君は予想以上のいいキャラでしたし。
小暮さんやかごめさんも前作に比べて異様に突出してましたし。
純也君もよかったよ。
ただ、一見さんは前回で厄が落ちてしまったからいいとしても
水明兄さんの出番がちょっと少ないような…気がしないでもないです。
でも、ま、
期待を裏切らないオモシロさだったことは確かです。

んーでもって、
最後まで来てすべての謎が解けたか?と申しますと…

そうでもありません。

どうしてくれるんですか???
高田先生とか、鏑木さんが二人いるとか、ツヅミくんとか、
そもそも、道明寺って何者なのよとか、
なんかいろいろあるけどさぁ…謎が。
それはいいとして、だな。

ゆうか関係の人々は全く解決されてないぞろり?

羽黒薫もそうだけど、
「やっどみぢげだああああ~~」でこのワタクシを恐怖のどん底に落とした
佐倉先輩とかどうしちゃったんだーーーーい?

え?
ああ、そうか。きっと28日に配信予定の「薫編」で解き明かされるのね?
きっとそうなのね?

期待してますよ…。
* Category : 生活の糧それはゲエムです。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。