123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-02-05 (Thu)
 108人と言えば…小説だと北方謙三さんの水滸伝を思い浮かべますが、
ゲームだと、コナミの幻想水滸伝と言う事になります。私の中ではですが。

というわけで、幻想水滸伝ティアクライアスDS終了感想です。
ネタばれもありますんでちょっとご注意です。

まず、思ったのが…

DSでも、RPGアリなのかな?

って改心しそうになるくらいちゃんとできているRPGでした。
さすがシリーズモノ…つー感じでしょうか?シリーズならではの雰囲気もチャンとありますし。

それはさておき…とりあえず本編の感想とか。
よかったなーと思った所です。
・主人公がしゃべる。
 今までのシリーズでは主人公はしゃべりませんが今回は喋り捲りです。
 というわけで、しょっぱなから「コレはあくまでも外伝」って言う認識が強くなりました。
 すごい前向きすぎるくらい前向きな主人公像です。
・武器の装備チェンジができる。
 今まですごく悩んだパーティー編成が楽になります。
 なぜかって?SレンジLレンジがわりと自由に選べるようになるからです。
 パーティーインさせたいキャラが何故かSレンジばかり…という悪夢からの開放。
・紋章の付け替えが無くなった。
 あれ?あの紋章誰がつけてるんだっけ?ってメンバーチェンジするたび考えなくていいです。
・イベント早送り機能がついている。
 意外と便利。
・エンディングがやっぱり幻想水滸伝でした。
 ちゃんと一人一人のその後が流れてよかったです。

ここは、ビミョーだったなって所です。
・主人公がしゃべる。
 どっちもどっち。嫌な人は嫌なんだろうなとか。
・リウはともかく、ジェイルとマリカの影が薄すぎる。
 あれ?いたんだ?最終バトル前の強制行動で思い出す程。
・魔法の付け替えが面倒くさい。
 いちいち魔法をつけたり選んだりしなくてはいけないので不便。
 うっかり忘れてイベントバトル突入とかしちゃうと…悲しくなる。
・魔法の重要性がイマイチわからない。
 だいたいのバトルは力押しでいけます。
 大変な思いして魔法を選んで装備しても結局使わないとか多かった。
・魔法事態の個性が…皆無。
 攻撃魔法が少ないのでバトルで使わないっていう原因かもしれません。
 どうでもいい、軽業とか免疫とか…多すぎます。
・攻略サイト、攻略本無しで108人集めるのは不可能と思われる。
 ゲームのほとんどをコレに費やすと言う…シリーズならではのトラウマ。
・仲間集めている時、いきなりどこかのマップに飛ばされる事がある。
 飛ばされるならまだしも、イベントが終わったら本拠地に帰してくれれば良いのに、
 そのまま放置される。ダンジョン入口付近ならまだしも…最深部とか…泣きそう。
・エンカウントが微妙に高い。
 主人公一人しかいないのに…ダンジョン最深部から脱出!とか思うと…泣きそう。
・またたきのかがみ、が無い。
 仲間集めするには必須道具じゃないの?行きは良いけど帰りは…泣きそう。
・本拠地のセーブ地点などから出入り口が遠すぎる。
 仲間集め中心ゲームなんだから出入りしやすくしてくれないと…。
 またたきのかがみないの????
・本拠地で受ける仕事依頼の派遣メンバー選択が曖昧すぎてよくわからない。
 万事オッケイ!と言われて派遣したのにダメだった…って言うのはどうかと。

どうでもいいことだけど…コレは…ちょっとなぁ…って所。
・ディルクが…嫌いだ、むしろクーガで引っ張ってほしかった。
 個人的シュミの問題。ともかくディルクはダメでした。クーガーは泣けたけど。
・戦闘終了後のポリゴンポーズとか強力攻撃のポリゴンとか…。
 目を瞑りたくなるほど酷い。戦闘終了するたび拷問かと思うほど酷い。
 ラスボス直前の主人公の…一人演技ポリゴンは…いろんな意味で泣いた。
・108人そろえたご褒美が微妙。
 彼と再びあえると言うムービーが入るのですが…。
 個人的に彼がそんなにキーなキャラだったとは思えなかったので「は?」って感じです。
 彼が出てきたのに彼女が出てこないと言う…。一時とは言え一緒に戦ったのにね?
 むしろ、クーガー生き返らせてくれたほうが……。
・DSで発売する意味があったのかどうか?
 とくに2画面だから得しました!とかタッチペン使ってがんばる!!とかありません。
 強いて言えば、戦闘中メンバーのイラストと共にHPとかが確認できるとか
 アナログキーがついてないので移動するのにタッチペン使うとか…そのくらい。
 ずばり言うと、上の画面いらなくない?ということです。
・下画面だけで戦闘が行われる。
 クリティカルヒットの時ズームアップされるんですが、そのお陰でどのくらいダメージ
 与えたか?って言うのが見えなくなって、ちょっと笑えます。
 ずばり言うと、下の画面小さくない?ということです。
・DSでみたムービーより店頭のプロモーションのムービーの方がきれい。
 宿命です。つかDSなんだからムービーとか無理しなくても…いいだろう?です。
・オープニングの歌とか…いらないよぉ。
 いちいち飛ばすのが面倒くさいです。一度も聞かない、見ないし。
・主人公の出生の秘密がイマイチわからなかったなぁ…。
 ストーリーの途中途中で複線っぽいのがあったのに…?あれーーー?

操作面などで色々と面倒がありますが、総じてよくできていたRPGだと思います。
幻想水滸伝シリーズとしても申し分ないんじゃないでしょうか?
真の紋章ではなく本になっていたりとか主人公がしゃべるとか、外伝っぽい感じをそれとなく
感じられるのもよかったです。外伝…なんですよね??

ラスボス直前セーブ地点での上画面の様子。
よりすぐりめんばー。
主人公、人修羅、ロベルト、リウ。
どうしても、人修羅を思い浮かべてしまうスクライブ族がお気に入り。
ラスボス戦、レベル61でやっと攻略。プレイ時間65時間でした。
65時間の大半は、ほぼ仲間集めに費やしたと思っていただいて結構です。
* Category : 生活の糧それはゲエムです。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。