12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-08-15 (Fri)
 毎日暑かったりしてますが高校野球観戦しながら
無理せずお盆を過ごしてます。

で、
夏と言ったらホラーゲでしょ!!ってことで満を持して買った
真流行り神。無事にフルコンしちゃいました。


かんそーとか。



まぁ感想。



まず、言わせてもらうと、

流行り神シリーズとして名乗るか名乗らないか以前に
アドベンチャーゲームとしてクソ面白くないです。

もう。ほんと時間の無駄です。
最初のブラインドマンあたりまでは
「流行り神シリーズだと言わなければ普通かな?」
って思ってたけどフルコンした今時間の無駄だったとしか思えません。

良い所。
・良い所をあげろと言われたら苦行としか思えないんですけど…
 あえて言うと、最小限の登場人物をルートごとに役割を変えた所
 こういう感じは割と好きなんで面白いなって思ったけど企画倒れ。
・ブラインドマンという大きな話からの分岐っていうのも
 設定としてはすごく面白いなって思うけど企画倒れ。

悪い所
・シナリオがそこらへんの安っぽい二時間ドラマより薄っぺらい。
 確かに猟奇的な表現とかはあるけど単にそれだけで
 なぜ、どうして、何のために、そんなことになってるのかさっぱり説明ない。
・薄っぺらいどころかすべてのシナリオがだいたいどっかで聞いたことがある内容。
 どっかで聞いたことあるような内容にもかかわらず起承転結してない。
・ホラーに感動はいらないって言ってたそうですが感動以前にホラーでもない。
 もうストーリーとしてコワイどころか面白くもなんともない苦行。
・猟奇的、鬼畜、残酷などの表現がウリのようだけどそれがストーリに反映されてない。
 反映されてない残酷表現なんて不快なだけです。
・相棒上司だいたいクソ。
 相棒なんか、生きてる時は文句たれるか人としてどうだろう発言しかしないのに
 気が付くと死体になってたりして何のためにいるの?って首かしげたくなります。
 上司に関しては使えねーのはともかく最後のおまけシナリオで
 続編をにおわす発言をしてたので本気で嫌になった。
・推理ロジックの存在意義。
 推理もクソも…これ事件なの?
・後味が悪いエンドじゃなくて投げっぱなしエンド。
 作者は後味が悪い終わり方の事を投げっぱなせばいいとでも思っているんですか?
・主人公の性格が終始一貫性がない。
 主人公なのに感情移入するどころかこいつ頭大丈夫か?って思える言動しかしない。
・笑っちゃうほど立ち絵とイベントスチルの顔が違う。
 ビックリするシーンでもそういうビックリじゃなくてキャラ顔が違い過ぎてびっくり。


ブラインドマン編
 強制的に最初に読まされるんですが、最初に読んだときは
「安っぽい二時間ドラマみたいな話だなぁ…」って思ったけど
フルコンした後は一番まとも…普通に物語だったなぁってなります。
生贄編
 ブリーフいっちょの男どもに襲われる主人公の話をよんで
タノシーとか思う方がおかしい。が、この話の犯人どもはいかれてるけど
とりあえず目的と犯行動機がはっきりしているのでマシ。
最後の展開がまったくよくわからない。彼女が復讐したのなら動機をはっきりしろと。
死臭編
 これもまぁ犯行動機ははっきりしてるけど話がどっかで聞いたことあるし
上司同僚どもが使えなさ過ぎて失笑。
寄生虫編
 主人公と相棒の行動が安易すぎてしにそう。
まぁ展開としては意外っちゃ意外だけどあくまでもこのゲームの中ではってだけで
これと言って特筆すべき内容ではない。
ちなみにこのルートやってつらかったのは昔町中で大発生した蛾の死がいのにおいを
リアルに思い出して気持ち悪くなったっていうそんだけ。
洗脳編
 登場人物全員クソだがこんなシナリオが存在するのがもうクソ。
だいたい何が何して洗脳したのかそもそも推理ロジックいるのかよ?
人形編
 人形は不気味だったけど犯人の動機がぺらっぺらで
せめて愛人関係だったとかなんかもっとこう人間関係複雑なシナリオ書けないの?
酒屋の一家はなんで殺されたんだ????
悪霊編
 ウィジャボード話だったら流行り神1の「コックリさん」っていう話を読んでみたらいいよ。
あれは複雑でおもしろかったから。
パンデミック編
 分岐したシナリオの中ではわりと普通な話。
けどみんなでどうにかこうにかしようぜ!じゃなくてみんなバラバラで
あ…ホラーに感動はいらないんですッケね……そうでしたそうでした。
ガキん所は感動しろよ?って言われても何も感じません。
秘密クラブ編
 隠しだから奮発したよーーー!気分なんだろうけど
 隠しシナリオを出すまで遊ぶっていう苦行の後のシナリオだからどうでもいい。
 とあるゲームのピンクのシナリオみたいにしたかったんだろうけどそれも中途半端。


頑張ってフルコンしたけど一つも面白い事なんてなかった。
流行り神シリーズだからダメとか言う以前にもうアドベンチャーゲームとしてダメ。
きゃしゃでちょっとかわいい(自称)主人公が痛い目に合ったり拷問されたり残酷に殺されたり
そんな表現だけで楽しめる人なら十分楽しめると思うけどはストーリはない。

しらつゆの怪が再来したとしか思えないゲームでした。
蛾の大群の死がいのにおいを思い出させてくれてありがとう。おわり。
* Category : 生活の糧それはゲエムです。
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。