12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-08-25 (Mon)


 オリンピックがやっと終わったのでサイレン再開です。


メリッサを操作してベラの手がかりを探ります…。
エピソード5からです。


 つーわけで、病院からです。病院。
ホラーなゲームではお約束すぎる病院です。
お約束…とは言ってもヤッパリ病院はいいモンじゃございませんね。

はてさて、正面玄関の自動ドアーは思ったとおり開かないので、
暗闇の中、侵入口を探し回ります。あー!!暗い!!
どーやらよくある先入観で
ドアを開けて侵入するもの。
だとばっかり思い込んでいたようで…。馬鹿なアタシ…。
しばらく暗闇の中を右往左往してやっと…

登って侵入するんだー!テヘ!

と気がついたときには…すでにゲーム開始から5分以上はすぎておりました。

出鼻をくじかれた感のある病院散策のたびですが…無事に入り込み完了。
で…一息ついて、視界ジャック!!してみると~~
ウゥ…逆さま視点のヤツがいる…新手か?
数名、どう考えても天井もしくは壁にへばりついているようなシビトがいるんです。
看護婦さんなのに…タイヘンダナー…。
とか思いつつ、ドアを開けると…いべんとが…イベントガぁ嗚呼。
初めての蜘蛛シビトとご対面シーンです。うわー、気もちわるぃ~。
武器を持っていないので、当然の如くうまくやり過ごさねばなりません。
こっそりコソコソ、まずは目的地の屋上に向かうメリッサです。

意外とアッサリ、屋上の階段踊り場までたどり着けるんですけどね?
うあーアッサリしてるなー!なーんてここで喜んでいてはいけませぬ。
案の定、屋上への扉は鍵が掛かっておりました。めでたしめでたし。

ハァー、ヤッパリ下に下りるのかー!!
気を取り直して下に向かいますぜ。
だけどね?だけどねー?その前になんかこう、叩く物…、

そう、武器が欲しいんだよねー!どっかにないかな?

取りあえず、案外簡単に一階の受付までたどり着けちゃうんで、
そこら辺で物色してみますと…
ベラの時に使ったマイクとか見つけたり…するんですが…
肝心の武器が…ない!ないんです!
最終回の再放送はない!と言う、詩の歌詞が頭を流れたのは事実。
あきらめきれずに、自動ドア(さっき開かなかったところ)のあたりで
ウロウロしていると…

あったー!!駐車禁止の案内板!!

こんなもんも武器なのか…じゃったら、椅子とかシャーカステンとかも…
武器になんないのかなー?
イエイエ、コレは武器を探すゲームではありません。
シャーカステン投げてもしょうがないだろうし…。
とにかく、武器を持ったメリッサは例の如く無敵なんだぞ!!
駐車禁止なんか怖くないいわ!!!と言わんばかりに、
駐禁の看板で蜘蛛シビトを撃退しながら進む進む…。
無事に鍵を手に入れ、一目散に屋上へ…参りますと…、
下のほうで、サムとサイガーが逃げ込むイベントがおこりますた。
!サムたちと合流すればいいんだな!!!
安易に考えてはいけませんね…。
この後、電話まで行こうと今度は病院の中をさまよう事になりました。
フフフ…どうやって?隣の手術室のあるほうへ行けばいいんだよー!
もー、蜘蛛シビトを倒しすぎてなんだかかわいそうになってきたよ…。
十分にさまよった挙句、やっとマップを確認して見つけました。

屋上から隣へ飛び降りるだけなんだ!

ピヨーン!!…何のことはない…ですよね…。
十分に時間を無駄に過ごしましたね…。まっててね、サム。

次への道が開けて一安心したところで、ちょっと気になってた事が…。
サムとサイガの会話盗み聞きしてないじゃーん!!
屋上でひとりごちして二人の会話をこっそり聞いてみましたぜ。

…たいしておもろくありませんでした。

まぁ、ストーリ上の意味深な台詞もありましたが…普通ですね。
3パターンの会話があって、そのパターンを永遠に繰り返す2人…。
ハッ!!まさか!!これが!!

ウロボスなのか?

なわけないです。すいません。大人の事情です、きっと。
3パターンを数回聞いて気が済んだので、さっさと先へ進んでいくと、
今度は、初めての頭脳シビトと遮蔽…。
うわー、コレも気持ちワルぅー、近づきたくないな~。
…そんなことは許されません。
次の目的が「頭脳シビトを倒せ!!」ですよ!うわーん!!
いやだー、いやだなー、戦いたくないなー。
いくら案内板持ってるとは言ってもさー、あれとはちょっと自信ないなー。
散々迷ったけれど、攻略上仕方なく…頭脳の向かった地下へ…。
「初めてのユキエさん」とも戦ってなんかテンション上がり気味のメリッサ。
後は、頭脳だけ!!その角を曲がれば頭脳!!
まさに、アタシの心臓はドキドキと鼓動を打ちまくり~!!
緊張絶好調!状態で、頭脳シビトと一騎打ち!!
もー、殴る殴る殴る!!!休まず殴るー!!

…あれ?…ん?もしかして?終わったの?
そうなんです、頭脳のクセに…弱いんです。うわーん。
車椅子に座ったまま、なんか低い声でぅーうーうなってるだけなんです。
…アタシのあの胸の鼓動は…どうなってしまうのかしらね?
ま、拍子抜けしちゃったけど無事に頭脳を退治したので、
大急ぎで電話まで行って、サイガーたちに電話を掛けます。

201…ってさー、もーイライラするダイヤルだよね?
ダイヤル電話だよー?ぐるぐる遅いの…。
ちょっぴりノスタルジックな黒電話にイライラしながら無事にミッションクリアーです。

なんか、迷ってばかりの病院散策の巻でした。
* Category : 生活の糧それはゲエムです。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。