12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-12 (Sun)
 車で遠野まで無事にたどりつきました。
今日は釜石港と釜石の親戚のお家に行きます!


以下は追記です~~!
 旦那の実家の遠野から山を越えて(遠野盆地なんで)釜石線と並行して
車でひた走って釜石港まで行ってきました。

釜石線の終点釜石駅のあたりはこれと言った後もなかったのですが…
ある地点から突然何もない空き地が現れ始めます。
最初は気にしなかったんですが港に近づくにつれその空き地がだんだん増え
さらにポツポツ立っている建物も何かおかしな感じが。
空き地じゃなくて建物が建っていた後なんですね…。
がれきはすっかり片付いていましたが建物があった後はちゃんと残ってました。
かろうじて立っている建物もよく見ると3階くらいまでの窓がすべて壊れたままで
当時水がその高さまで来たのかというのがよくわかります。
image (14) image (18) 港の方 柱のあと image (31) image (29)
ほとんど何もない周りを見ててふと
ここはどこかで見たことあるなぁ…って思ってよく考えたら
多分NHK?が撮影した釜石港高台からの様子と同じところなんですね。
まさにあの波が襲ったところに自分が立ってその高さや威力なんかを実際感じると
ものすごく頭が痛くなりますね。考えられないっていうか?
考えるだけでもそんなふうなのにあの時目の前で自分の家や町が流されるの見てた
人たちはいったいどれほどなんだろうと改めて思いました。
そんな事考えてたらシャッターもきれなくてほとんど写真にとれませんでした。

ですが、港では漁も再開されてるみたいだし数件ほんの数件ですが定食屋さんも
営業してたり枠しかない空き地の所々に新しいお家が建っていたり少しですが
生活が始まっているところもあります。
けど、まだまだ、
一年以上たってもまだまだ何も終わってないし始まってないのかもしれません。

釜石港を見渡すと対岸上の方に大きな観音様が立っていました。
せっかくだからちょっとそこまで行くことにしました!
カーナビ頼りに観音様へ向かっていたところ…
山 塊
偶然、瓦礫置き場に迷い込みました。
瓦礫の山、一つ一つにきっと大事な思い出とか残ってたんだろうなぁ。
固められた瓦礫にもいろんなものが混じっていてなんだか寂しいです。
処理について色々揉めたりしていますが、
取り返せない思い出の塊が山のように近くに置いてあるのって
結構つらいんじゃないかなって思ったり…。早くどうにかできるとよいのですが。

そんな感じでちょっと迷ったけど無事に観音様付近に到着!
結構上の方にお立ちになられておられるようで…。
ちょっくら階段登って行ってみますかー!!
遠いな…
遠いなぁーーー!
まだ後姿…
まだ後ろ姿だよーーーー!!
観音様~
やっとお顔を拝見!!
途中、東京駅の中央線みたいなエレベータを使いましたが結構な階段登りでした。
釜石港
観音様の足元にある展望台から見た釜石港。
三陸海岸の特徴がわかりやすい素晴らしい景色。
こんな穏やかな海なのに…。
観音様に災害で犠牲になられた方々のご冥福を祈ってきました。ささやかですが。


その後、港よりちょっと高台にある親戚の家へ行きました。
80歳になるおばあちゃんなんですが、釜石港を見てきたと言ったら
当時の事をいろいろ話してくれました。
自分のところは津波に襲われなかったけど地震直後から停電していて
丸々2日ほどたった一人で真っ暗中過ごしたそうです。
3月の岩手県は東京なんかより寒くてたいへんだったんじゃないですか?
て聞いたら
「私より家流されたりした人たちの方がたいへんなんだからそんなことないよー」
って言ってました。
親戚の家から数メートルのところに震災一年前に廃校になった中学校があるんですが
そこが犠牲になった方々の安置所になっていたそうです。
そこへ、同級生を探しに行き対面してきたと話してました。

遠野のおじさんも山菜取りをしても放射線検査をしなくちゃいけないんだよー
って言いながらそれでも山の方で放牧している人よりはましだからねっていうし
実家のお義兄さんも自分のところよりは他の方がたいへんだよっていうし
東北の人って強いんだなって思いました。

当時計画停電とかでパニックになってた自分が恥ずかしいです。たかが一日3時間で。
* Category : 生活の糧それはゲエムです。
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。