12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-23 (Thu)
 昨日は無事に胃カメラの検査をしてきました。
検査自体はものの10分ほど(たぶん)で終わったんですが前後がたいへんでした。
なんていうか、私、薬にすごい弱い体質と言うか血液みたいで…。
その旨、検査前に看護婦さんにも伝えて万全の態勢で検査に挑みますた!
まず、検査台に横になると血圧計と心拍計を装着されるんですよね。
で、のどの麻酔用にゼリー状のキシロカインを5分間ためおいて…。
5分て結構長いじゃないですかー。だから自分の心拍数のピーって音を数えてたんですよ。
そしたら!!
突然。
何の前触れもなく。
物静かな検査ドクターがやってきて一言。

「安定剤の注射をしますね」

きーーーーーーーてねーーーーーーーーよおおおおおお!!!!
ちょうパニックになった私の鼓動は一気に心拍数を上げ
ありえない勢いで心拍計がピッピピッピなり始めました。
うおおおお…はずかしいいいいいいい…。
そんな動揺した私をよそにドクター先生は淡々と
「ちょっとだけ痛いだけですから大丈夫ですよー」
とさっさと注射をする始末。
いってーーーーーーーーーーんだよ!!!身体じゃなくて心が。
心が痛いんだよぉ…。
なんて傷心になってる私をよそにやさしい看護婦さんが
「お口の中の麻酔お薬は飲んでしまっていいですよー」
と言いながら次の麻酔をシューしてくれました。
ここら辺で私の記憶は曖昧になってきてまして…
なんかこう…
寝てたのか、寝てるのか、寝てしまったのか?
横向きになってくださーいって言われたようなそんなような
なんか口に入れられたようなのどのあたりが痛かったような
ドクター先生が見た感じ平気そうだねーとおっしゃったような
全てが夢の中で行われたような感覚で…。
なので、どのくらい検査に時間がかかったのか全く分からないのです。
気が付いたら看護婦さんが
「終わりましたよー、立てますか?」
って優しく声をかけてくれてなんとなく覚醒。
頭はうっすら起きたんですが今度は体が全くいう事をきかず…
あわてた看護婦さんに「車いす持ってきますか?」などと言われる始末。
なんという失態!!さすがに車いすは断ってふらふらしながらリカバリー室へ
連れて行ってもらいそこのベットで少し休むことに…。
少し。
少しのはずか気が付いたらなんと!!2時間も寝てました。
一瞬だったような気がするのに…。それでもまだふらふらしてましたけどね…。

昔、ちょっとした手術をしたとき全身麻酔をかけられて
なかなか起き上がれなくて担当のドクター先生に
「まだ動けないの?」って驚かれたのを思い出しちゃいましたよ…。
動けないんだよッ!!なんか体が他人なんだよ!!
…精霊に操られていたのか…?

その後、院内で働いている旦那を探してもう少し休ませてもらったんですけど…。
その時の旦那の一言
「お前の血液はほんと蒸留水だなー」
だそうです。
蒸留水でもなんでもいいけどこの体質どうにかしてほしいなぁ。

なんやかんやでぐったりした胃カメラでした。
今は昨日注射されたところが痛くてしょうがないです。痛いです。
* Category : 日常解析。
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。